ノーローンの審査で気をつけること

ノーローンの審査で気をつけること

ノーローンで他社よりもお得な借り入れ

ノーローンの審査について

ノーローンは1週間の無利息期間というのが魅力的な会社です。無利息期間はキャッシングならではのサービスとも言われていますが、殆どの会社が初回限定での利用に限られています。

 

しかしノーローンはどれだけ利用しても7日間は無利息となり、この期間に返済できるようなら利息は支払わなくても結構です。勿論長期的な返済になっても7日間の利息を支払うことがありませんから、割と得をすることが出来ると言えます。

 

ノーローンは審査が早く終わるように設定されており、早ければたった30分で審査結果が届きます。

 

ノーローンの審査はこちら

 

審査はかなり厳しいのではないかと思っている方でも安心して下さい。ちょっと不安な状態になっていても借りられる可能性はあります。特にパートやアルバイトの方はこの恩恵を受けやすく、収入がちょっと不足している状態でもノーローンのキャッシングを利用することができます。

 

審査が柔軟というのは他の会社ですでに借金を抱えている方にも適応されています。借金をしている方というのは多重債務の心配をされてしまい、利用できないことも考えられます。しかしノーローンでは一定以上の借金でなければ審査を通過することが可能となり、10万円程度であれば利用できる可能性があります。どうしてもお金を借りたい時はノーローンの審査を受けてみるべきです。

 

運営している会社は新生銀行グループで安定した経営を行っているため、色々と問題が生じてしまうことはありません。むしろキャッシング会社の中では使いやすいと思うので、毎回お得な借り入れをしたいのであればノーローンが一番お勧めです。

 

ノーローンの審査で気をつけてほしいこと

気をつけること

ノーローンの審査で大切なことは、正確な情報を入力することです。年収や他の会社からの借金の総額をごまかして申告しないようにして下さい。

 

年収が低い方でも十分に審査に通る可能性はありますし、他の会社から借金があっても可決される人はたくさんいます。

 

というのもノーローンの審査では、年収や他社借入額はそれほど重要な項目ではありません。

 

ノーローンの審査で落とされてしまう人の理由は、次のようなことが多いです。

  • 連絡が取れない
  • 虚偽の申告をする人
  • 在籍確認ができない
  • 過去に金融事故がある
  • 他の会社からの借金が年収の1/3以上

 

先ほど「年収や他社借入額はそれほど重要な項目ではない」と書きましたが、他の会社からの借金が年収の1/3以上の場合は例外です。(例:年収480万円の場合、借金の総額が160万円以上)

 

貸金業法が改正された事により、フリーローンとよばれる消費者金融の貸付が法律によって制限されているからです。これはノーローンの審査に限らずどこの消費者金融でも同じことです。

 

他の会社からの借入額が年収の1/3に達していないのであれば、審査に通る可能性が高いので虚偽の申告はしないで下さい。

 

信用情報の面では、貸付ができる状態だったのに他の会社からの借金の額などの申告内容が違っていたために審査に落とされてしまったらもったいないですよね。消費者金融では、あなたがどの会社からどのくらい借りているのか信用情報機関を通して見ることができます。そのため虚偽の申告をしてもわかってしまうので、少なく申告したことで逆に不利になることがあります。

 

ノーローンの審査はフリーターでも通る?

 

過去に金融事故がある

その他の点でノーローンの審査で不利になることは、過去に金融事故があることです。消費者金融やクレジットカードの支払を催促が来るまで支払わずに放置していたなどです。過去に返済の遅れがあった方の場合は、貸し倒れのリスクが高いと判断されてしまってかなり不利になってしまいます。

 

これまでに金融事故があったからといって必ずしも落とされるわけではありません。過去のことで最近はまじめに毎月返済できているようであれば、目をつむってくれる可能性はあります。

 

入力内容をよく確認する

電話番号やメールアドレスが間違っていると、連絡がとれなくなってしまって審査に通過するどころではありません。入力内容をよく確認するようにして下さい。

 

それからノーローンの審査では、申込をしてから数分後にメールが入る可能性が高いです。メールアドレスに記載されている電話番号に電話をしてから審査が始まる形になります。申込をした後には、こまめにメールボックスのチェックをするようにしてください。

 

公式サイトはこちら


ホーム RSS購読 サイトマップ